サポートが可能な人

社団法人の設立のサポートが可能な人

社団法人の設立に関しては、様々な準備と段取りが求められます。特に準備すべきは、社団法人設立に関する届け出る役所との連携に基づく書類の準備です。法人設立では必ず必要な書類の整備及び社団法人そのものに求められるものもあることから、届け出る役所との調整が必ず必要になっていきます。このとき、社団法人の設立を請け負ったことがある行政書士がその地域に存在すれば、その行政書士に代行を依頼するのも一つの方法です。社団法人の場合は経験がないとなかなか前に進めません。したがって、段取りよく話を前に進めるためにも、代理人を立てた方が無難であると言えます。その代理人との連携は必須であり、その上でさらに必要な他の事柄を進めるなどの対応も必要となるでしょう。

社団法人の設立には、まずは役所との話し合いから始めます。具体的な業務についても相談をして、その業務に関する知識や必要な書類などを揃えていきます。受け付ける役所によっては申請の手引きなどを作成している場合があり、その手引きが入手出来れば参考にしたりすることも可能でしょう。また、その地域でかつて社団法人設立を手がけたことがある行政書士などが存在すれば、サポートを依頼するのも一つの方法です。ただし、地方によっては社団法人自体が珍しく、手がけたことがあるサポート薬を見出す事が出来ない場合もあり得ます。他の法人とは異なる点がいくつかあるため、可能であればサポート役として、また代理人として安心して任せられる存在が居ることが望ましいところです。

なお、定款の作成やその認証、法務局での登記申請などは他の法人の場合と同様の流れで進んでいきます。法務局での登記申請代行は司法書士に依頼して、任せることが望ましいでしょう。法人が認可になって登記が完了した後にあっては、速やかに税金関係の届け出も行わなければいけません。国税は税務署に、地方税は都道府県税事務所及び市町村役場税務担当課にそれぞれ届け出ます。この業務についても可能であれば税理士に任せた方が無難です。税理士については顧問税理士の専任を行う場合であれば、その税理士に任せた方がいいでしょう。その他、従業員の雇用を行う場合には、その社会保険や雇用保険、厚生年金に関する加入について迅速に加入手続きが出来るように、社会保険労務士に依頼をするのも有効です。書類の書き方などについても、サポートを上手くしてもらえるでしょう。