設立は簡単

一般社団法人の設立は簡単にできる

一般社団法人とは、非営利目的の団体が申請することで法人となることができるものです。団体といっても設立時に2人以上のメンバーがいればよく、その後はメンバーが1人になっても存続することができます。また、一般社団法人として該当する活動内容は幅広く、一般の会社のような利益を得るような活動でも良いですし、協同組合のように公益性の高い活動でも問題ありません。

ただし、非営利団体という条件がありますので、給与以外に社員に余剰金の分配を行っている団体は該当しません。
非営利といっても収益を受けてはいけないということではないので、一般の会社のように利益を受けて社員に給与を払うような形態の団体でも問題ありません。

そして一般社団法人を設立する際、その資産には制限がありません。最低必要資産がありませんので、資金ゼロでも問題ありません。
では、一般社団法人を設立するにはどのような手続きを行うのでしょうか。
実は想像以上に簡単にできるのです。

まずは、「定款」を作成します。
定款とは法人における最高規則です。その社団法人の運営における重要事項や、成り立ちについてまとめたものです。
具体的には、住所、設立目的、組織形態や意志の決定方法など、法人の運営に必要なことを取りまとめるので、今後の活動の進め方に大きな影響を及ぼすものとなります。
定款が作成できたら「定款認証手続き」を行います。

これは、公証人に定款の内容が法令に適合している、法に抵触していないという認証を受ける手続きです。
公証人とは、実務経験を有する法律の専門家の中から任命された国家公務員で、契約や証書などにおいて法律行為が適合しているか否かを認証・証明する者のことです。
公証人により適合していると認められたら、役員と代表理事を選出します。

そして、約款で取り決めたこと以外の運営での必要事項を詰めます。
あとは、一般社団法人設立登記を法務局に申請します。これにより、個人でいう戸籍に該当する登記簿が作成されたこととなり、事実上の一般社団法人の誕生となります。

このように、一般社団法人設立時に認証を受けるのは、約款の内容が法に抵触していないかという点のみです。
あとは資金ゼロでも問題ありませんし、活動内容も非営利ならば法を犯していない限りは制限ありません。
メンバーの数も2名以上と小規模でも行えますし、約款の認証さえもらえればあとは登記申請するだけなのでとても簡単にできるのです。